記事一覧

2018年02月12日

2001年の大リーグ・ワールドシリーズに出た韓国のアンダーハンド投手キム

kim_vs_derek_jeter_2001ws_game4_10th_walk_off_homer320.gif
2001年の大リーグ・ワールドシリーズを記憶に残るシリーズにした立役者の一人は、韓国のアンダーハンド投手ビョンヒョン金 炳賢 (キム・ビョンヒョン)Kim, Byung-Hyunかもしれません。


2001年の大リーグのワールド・シリーズはニューヨーク・ヤンキース対ダイヤモンド・バックスでした。
何が興味深いかというと、ヤンキースは1998年、1999年、2000年とワールドシリーズを3連覇していました。その勝ち方も圧倒的で、3度のワールド・シリーズの勝敗の合計は12勝1敗です。さらに、ヤンキースは1996年も優勝しています。

ヤンキースは4連覇がかかっていたのです。

ヤンキースは過去5連覇(1949年から1953年)が一度、4連覇(1936年から1939年)が一度ありました。3連覇しているのは、他のチームではオークランド・アスレチクス(1972年から1974年)だけです。

アリゾナ・ダイヤモンドバックスはリーグ拡張により1998年に増設された、創設4年目のチームでしたが、選手はみんな30歳を超えたベテランばかりでした。

ヤンキースの投手陣には、ロジャー・クレメンス、マイク・ムッシーナ、アンディ・ペティットの先発投手とクローザーのマリアーノ・リベラがいました。野手では、デレク・ジータもいました。ヤンキースの方が有利に見えましたが、ダイヤモンド・バックスには、同年のサイ・ヤング賞投票で1、2位となったパワーピッチャー2人がいました。

ランディー・ジョンソン(サイ・ヤング賞1位)とカート・シリング(サイ・ヤング賞2位)です。ランディー・ジョンソンは2015年に大リーグ野球殿堂入りしています。カート・シリングも今年の選挙では落選しましたが、殿堂入りの可能性はあります。

2人とも、ダイヤモンド・バックスに移籍してから自己最高の成績を残しました。
ランディー・ジョンソンの2001年のレギュラー・シーズンの成績は21勝6敗、カート・シリングは22勝6敗でした。

試合は、弟1戦カート・シリング、第2戦ランディー・ジョンソンでダイヤモンド・バックスが2連勝。

弟3戦はロジャー・クレメンスでヤンキースが勝利。

弟4戦はダイヤモンド・バックスが9回まで3−1で勝ち越していましたが、リリーフ投手が9回に同点ホームラン、10回にサヨナラホームランの2本打たれて逆転負けをきっしました。

デレク・ジーターの10回サヨナラホームラン
kim_vs_derek_jeter_2001ws_game4_10th_walk_off_homer320.gif
弟5戦はダイヤモンド・バックスが9回まで2−0で勝っていましたが、リリーフが同点2ランを打たれて、結局逆転負けのきっかけを作ってしまいました。試合は延長12回、ヤンキースのサヨナラ勝ちで、対戦成績は3勝2敗とヤンキースが王手をかけました。

この計3本のホームランをきっしたのが、韓国のアンダーハンド投手キム・ビョンヒョンでした。

キム投手はこのとき、まだ22歳でした。20歳でダイヤモンド・バックスに入団し、大リーグ在籍9年(1999〜2007)で、54勝60敗86セーブを挙げています。

第6戦、後がなくなったダイヤモンドバックスは、ランディ・ジョンソンで3勝3敗のタイにもどしました。

第7戦、ダイヤモンド・バックスはカート・シリング、ヤンキースはロジャー・クレメンスが先発しました。
試合は投手戦となり、8回を終わって、ヤンキースが2対1でリード。

ダイヤモンド・バックスは、ここで、なんと、前日に先発したランディ・ジョンソンをリリーフに投入。
一方、ヤンキースは9回裏、クローザーのマリアーノ・リベラを投入。ヤンキースの4連覇は間違いないと多くの人が思っていたでしょう。しかし、まさかの救援に失敗。3対2でダイヤモンド・バックスがワールド・シリーズ初優勝をしました。シリーズMVPはランディ・ジョンソンとカート・シリングが同時受賞しました。
posted by HANG IN THERE YU at 18:48 | Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。