記事一覧

2013年10月26日

2013ワールドシリーズ1勝1敗タイ

2013ワールドシリーズ第2戦
8:07 PM ET, October 24, 2013
Fenway Park, Boston, Massachusetts

Cardinals 4     Red Sox 2
                
 1勝1敗                   1勝1敗

123456789RHE
STL000100300471
BOS000002000242
 



W: M. Wacha (1-0)
L: J. Lackey (0-1)
S: T. Rosenthal (1)

 ワールドシリーズ第2戦の1番の注目は、カージナルスの新人マイケル・ワカMichael Wacha 投手(22歳)がレッドソックスの強力打線を抑えることができるかどうかにありました。ワカは21歳の新人ながら、リーグ優勝決定戦で、ナリーグのサイヤング賞候補のクレイトン・カーショーに2度投げ勝ち、MVPに輝いています。2試合とも無失点に抑え、地区シリーズでも1勝を挙げており、カージナルスをワールドシリーズに導く原動力となりました。

 今日のワカは調子自体はベストではありませんでしたが、5回までに許した安打は2本だけでした。しかし、コントロールはあまり良くありませんでした。1つにはレッドソックス打線がワカの低めのボールになるチェンジアップに手を出さなかったせいです。試合は6回の表を終わって1対0とカージナルスがリードし、このままワカがレッドソックスを完封しそうな状況でした。

 しかし、6回1アウトから3番ダスティン・ペドロイアDustin Pedroia に四球を出してしまい、4番デイビッド・オルティスにフルカウントからのチェンジアップを左中間スタンドに打たれ、2失点。2対1とレッドソックスが逆転しました。
 

 レッドソックスは先発ジョン・ラッキーJohn Lackey が7回先頭打者を見逃し三振に打ち取り、このままレッドソックスが逃げ切るかと思えましたが、次の打者に四球を出して、さらにヒットを打たれ、1アウト1塁、2塁になった所で、左腕のクレイグ・ブレスローCraig Breslow と交代。カージナルスは左投手に弱く、ブレスローはポストシーズンで無失点と好調なことが、田沢投手ではなくブレスローに代えた理由の1つでしょう。回はまだ7回なので、本来であれば田沢投手が投げていたかもしれません。

 この回のカージナルスの走塁は積極的でした。2塁走者に代えて昨日2個のエラーをして大きな敗因となってしまったピート・コズマPete Kozmaを代走に送りました。そして、投手が左投手ということもあり、ダブルスチールを成功させます。そして、ブレスローは四球を出してしまい、1アウト満塁。

 マット・カーペンターMatt Carpenterはレフト正面よりややセンター側の浅めのフライを打ちました。本来であれば、タッチアップはしない状況でしたが、カージナルスの走塁コーチは大きなギャンブルに出ました。ゴーサインを出したのです。レフトのジョニー・ゴメスJonny Gomesは本塁に送球しましたが、やや一塁側にそれ、これを捕手のサルタラマッキアJarrod Saltalamacchia が捕球ミス。1点が入り、2対2の同点。

 バックアップに入っていた投手のブレスローがそれたボールを捕球し、3塁に送球しましたが、これが悪送球になり、3塁走者が本塁まで生還。さらに1点が入りました。カージナルスが3対2と逆転しました。

 さらに、昨日、オルティスの満塁ホームランになりそうな当たりを好捕した際、肋骨を強打して出場が危ぶまれていたカルロス・ベルトランCarlos Beltran がタイムリーヒットを打ち、さらに1点追加。カージナルスがこの回3点を奪い、4対2とリードしました。ここで、田沢投手が登板し、2塁ゴロを打たせこの回終了。

 レッドソックスは8回から、ブランドン・ワークマンBrandon Workmanが登板し、ヒット1本打たれましたが無失点に抑えました。

 
 レッドソックスは9回から、ワールドシリーズ初登板となる上原投手が登場。
 レフトフライ、ショートゴロ、3塁ライナーと3人を10球で片付けました。

 レッドソックスは7回、8回をカルロス・マルチネスCarlos Martinez(22歳) にオルティスの1安打のみ、3三振に抑えられ、9回は100マイルを投げるクローザー、トレバー・ローゼンタールTrevor Rosenthal(23歳)に3三振を奪われ試合終了。結局カージナルスが4対2でレッドソックスに逆転勝ちし、シリーズ1勝1敗のタイになりました。

 このシリーズは1つのエラーが大きく試合の流れを変えています。両者の力が拮抗している証拠です。昨日はカージナルスにエラーが出て、今日はレッドソックスに痛いエラーが出てしまいました。

 それにしてもカージナルスの若い投手陣は球が速く、打ち崩すのが容易ではありません。先発のワカは速球(フォーシーム)の平均球速が94マイル、抑えのマルチネスは98マイル、ローゼンタールも98マイルです。カージナルスの若手投手陣を打ち崩せるのはDHのオルティスだけのような雰囲気です。


Cards take lead
カージナルスがリードを奪う(動画)
10/24/1301:09
10/24/13: Matt Carpenter sends a game-tying sacrifice fly to left field, then an error allows Jon Jay to score the go-ahead run
マット・カーペンターはレフトに同点となる犠牲フライを打ち、エラーによってジョン・ジェイが勝ち越しの得点を記録します


Papi's two-run homer
パピーの2ランホーマー(動画)
10/24/1301:33
10/24/13: David Ortiz gives the Red Sox a 2-1 lead with a two-run shot to left-center in the sixth inning
デイビッド・オルティスは6回、左中間に2ランホームランを放ち、レッドソックスに2対1のリードをもたらします

Cards' double steal
10/24/1300:36
10/24/13: With Daniel Descalso batting, the Cardinals get two runners in scoring position with a double steal
カージナルスの重盗
ダニエル・デスカルソの打席で、カージナルスは重盗により2人の走者を得点圏に送ります

Rosenthal shuts the door
ローゼンタールが試合を締めます
10/24/1301:18
10/24/13: Trevor Rosenthal strikes out Daniel Nava to shut the door and even the series
トレバー・ローゼンタールはダニエル・ナバを三振に取り、試合を締め、シリーズをタイにします



 第3戦からの3試合は場所をカージナルスの本拠地セントルイスに移して行なわれ、DH制がなくなり、レッドソックスにとっては不利となります。オルティスの打撃は外せないので、オルティスは3試合のうち最低でも2試合は1塁を守るようになる見込みです。そうすると、現在1塁を守っているマイク・ナポリはべンチで控えることになります。オルティスに次いでパワーのあるナポリが使えなくなりレッドソックスにとっては大きな痛手となってしまいます。

 第3戦は10月26日(日本では10月27日)にレッドソックスがジェイク・ピービーJake Peavy(シーズン12勝5敗、防御率4.17)、カージナルスがジョー・ケリー Joe Kelly (シーズン10勝5敗、防御率2.69)の先発で行なわれます。

 
 
posted by HANG IN THERE YU at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック