記事一覧

2013年08月14日

黒田11勝、8回3安打零封

黒田11勝目

7:00 PM ET, August 12, 2013
Yankee Stadium, New York, New York

Angels 1   Yankees 2 

123456789RHE
LAA000000001150
NYY00100010-270




W: H. Kuroda (11-7)
L: G. Richards (3-5)
S: D. Robertson (1)

 8月12日、ロサンゼルス・エンゼルス戦で黒田投手が8回をわずか3安打に抑え11勝目を挙げました。
 いつもなら、9回はマリアーノ・リベラが締めるのですが、この日は登板しませんでした。最近3試合連続でセーブを失敗していることと、過去5日間で81球を投げていることもあって、リベラは投手コーチにこの日は休養を申し出ていたからです。また、今シーズン、リベラは黒田投手の救援に2度失敗していることも頭にあったのかもしれません。

 9回はブーン・ローガンが登板しましたが、観客は "We want Mo!" (リベラを出せ!)の大合唱。先頭打者にヒットを許すとその声はますます大きくなりました。次の打者を三振にとって1アウト1塁になった所で、ロバートソンと交代しました。ロバートソンがマウンドでウォーミングアップの投球をしている間もリベラを要求する叫びは止みませんでした。

 ロバートソンはいつもと違って異様な雰囲気でやりにくかったと試合後語りました。

 1アウト1塁から、四球、2塁打で1失点。1アウト2塁、3塁から敬遠で1アウト満塁。
 次の打者は三振。2アウト満塁。
 最後の打者はフルカウントになりましたが、三振を奪い、どうにか1失点で切り抜け、試合終了。ヤンキースが2対1でエンゼルスを破りました。

黒田投手の投球数は107/ストライク70。防御率2.33はアメリカンリーグ第2位です。1位はマリナーズのフェリックス・フェルナンデスの2.28。


The Yankees' most dependable starter, Kuroda has not allowed a run in five of his last seven outings to lower his ERA to 2.33. An Angels lineup missing the injured Albert Pujols reached base only four times against the Japanese right-hander. Kuroda struck out seven and walked one.
ヤンキースで最も頼りになる先発投手黒田は直近7試合のうち5試合で無失点で、防御率を2.33に下げました。アルバート・プホルスを怪我で欠いたエンゼルスのラインナップは日本の右腕に対してわずか4度しか出塁できませんでした。黒田は7三振を奪い、四球は1でした。

Kuroda's eight shutout innings
黒田は8回を完封(動画)

Robertson closes it out
ロバートソンが試合を締めます(動画)
08/12/1300:55
8/12/13: With the bases loaded, David Robertson strikes out Chris Nelson to earn the save in a 2-1 Yankees win
満塁で、デイビッド・ロバートソンはクリス・ネルソンから三振を奪い、2対1でヤンキースが勝ち、セーブを挙げます
posted by HANG IN THERE YU at 07:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック