記事一覧

2013年08月08日

ダルビッシュ11勝目

10:05 PM ET, August 6, 2013
Angel Stadium of Anaheim, Anaheim, California

Rangers 8   Angels 3

123456789RHE
TEX2000100148120
LAA200100000391




W: Y. Darvish (11-5)
L: K. Jepsen (1-3)
S: T. Scheppers (1)


 8月6日、レンジャース対エンゼルス戦で、ダルビッシュ投手が初回、先頭打者から2打席連続でホームランを打たれましたが、失点は初回の2点と、4回の1点の計3失点に抑え、今シーズン自己最多の8安打されながらも粘りの投球で11勝目を挙げました。
 レンジャースはこの日、長打はありませんでしたが、レンジャーズにしては珍しく6盗塁と足を使ったスモールベースボールで勝利を挙げました。
 初回は盗塁、犠牲フライで1点、ワイルドピッチでさらに1点を奪いました。
 レンジャーズはここ9試合で8勝を挙げ首位アスレチクスと1ゲーム差にまで迫りました。アスレチクス64勝48敗。レンジャース64勝50敗。

 初回の2ホーマーはいずれも91マイルのフォーシームがストライクゾーン真ん中の甘いコースに入ったところを打たれました。先頭打者のカルホーンは1ボール、2ストライクから、2番打者のマイク・トラウトには初球を打たれました。いずれも全力投球ではなく、制球を重視した力を抜いたフォームでしたが、コースが甘くいずれも失投と言えます。

 この日のダルビッシュ投手は制球が悪く、7回113球を投げてストライクが66、ストライク率58%でした。2ストライクまで追い込めば三振を取れるのですが、この日はそれができず三振は6個にとどまりました。しかし、三振数は今シーズン合計192になり依然大リーグのトップです。2位はマット・ハービーの172。


Darvish's solid start earns win
ダルビッシュは安定した投球で勝利(動画)

Calhoun's leadoff homer
カルホーンの先頭打者ホーマー(動画)


Trout's back-to-back homer
トラウトの連続打者ホーマー(動画)
posted by HANG IN THERE YU at 03:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/371429133

この記事へのトラックバック