記事一覧

2013年08月22日

イチロー選手4000安打達成

イチロー4000安打達成

7:05 PM ET, August 21, 2013
Yankee Stadium, New York, New York

Blue Jays 2   Yankees 4

123456789RHE
TOR010100000260
NYY01100002-461




W: D. Huff (1-0)
L: R. Dickey (9-12)
S: M. Rivera (37)


 日米通算4000安打にあと1本と迫っていたイチロー選手は、8月21日ブルージェイズ戦の第1打席で、ディッキー投手からあっさりヒットを放ち、4000安打を達成しました。カウント1−1となってからイチローコールが沸き起こりました。その直後の3球目のナックルボールをレフト前にライナー性のあたりで運びました。

 ヤンキースの選手はみんな一塁側のダッグアウトから一斉に飛び出し、一塁ベース上のイチロー選手を抱擁とハイファイブ(ハイタッチ)で祝福しました。イチロー選手はこの祝福は予期していなかったようで満面の笑みを浮かべていました。2塁手で出場していた川崎選手も拍手でイチロー選手を祝福しました。


ichiros 4000 hits
ichiro joins 4000 hits club
yankees stream out of dug out to
yankees dug out as ichiro hits 4000
curtis granderson congratulates ichiro first
kawasaki congratulates ichiros 4000 hits
ichiros fan congratulates 4000 hits



Ichiro Suzuki reaches 4K-hit plateau
鈴木イチローは4000安打の大台達成


Updated: August 22, 2013, 8:49 AM ET
By Andrew Marchand | ESPNNewYork.com 

NEW YORK -- Ichiro Suzuki joined Pete Rose and Ty Cobb as the only players with 4,000 career hits in the highest levels of professional baseball. Ichiro's accomplishment comes with a little bit of a twist because his are the combined total between Japan and the American major leagues.
ニューヨーク --鈴木イチローは最高レベルのプロ野球で生涯4000安打を唯一達成したピート・ローズ、タイ・カッブの仲間入りを果たしました。イチローの偉業は少しばかりの疑念が残る中で達成されました。というのは、彼の記録は日本とアメリカ大リーグでの記録を合計したものだからです。


In his seven seasons in the Japanese Pacific League, Ichiro collected 1,278 hits. During his 13 years in the United States, he now has 2,722 major league hits. He surpassed Lou Gehrig for sole possession of 59th place on the all-time major-league hit list.
日本のパシフィックリーグでの7シーズンで、イチローは1278安打を記録しました。アメリカでの13年間で、現在彼は大リーグで2722安打を記録しています。彼はルー・ゲーリッグを抜いて大リーグの生涯安打記録リストの単独59位となりました。


大リーグ最多安打記録はピート・ローズの4256本、2位がタイ・カッブの4189本です。イチロー選手はピート・ローズの記録を目指してはおらず、大リーグでの3000本安打を目指しているそうです。そうすれば、ファンやマスコミから記録に対する疑問が起こらないからです。大リーグ3000安打を達成したとすると、日米合計での安打数は4278本となり、ピート・ローズの4256本を上回ります。ちなみに、ピート・ローズは45歳まで大リーグでプレイしましたが、現在39歳のイチロー選手は果たしてどこまで記録を伸ばすのか楽しみです。

Must C: Classic
必見:最高のプレイ(動画)
08/21/1302:23
8/21/13: Ichiro Suzuki hits a single for his 4,000th hit between the U.S. and Japanese Majors in his first at-bat against the Blue Jays
鈴木イチローはブルージェイズ戦の第一打席で日米通算4000安打となるヒットを放ちました
posted by HANG IN THERE YU at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

ダルビッシュが大リーグで三振を最も多く取れる理由

 ダルビッシュ投手は今年、大リーグで最も三振を奪っており、三振数においてはすでに大リーグの歴史上5本の指に入るレベルにあると言えます。

 ダルビッシュ投手の最も優れた球種はスライダーで、これは昨年も今年も変わりありません。昨年に比べて変わった点は速球フォーシームの球速が1マイル程度、速くなったことです。また、四球の数も昨年に比べて大きく減っています。四球率/9回は4.2から3.0と小さくなりました。

 大リーグではダルビッシュ投手の躍進の理由をどう捕らえているのでしょうか?

Bleacher Reportの記事を紹介します。

What Makes Yu Darvish Such a Dominant Strikeout Pitcher?
ダルビッシュ・ユウがこんなにも三振を奪う圧倒的な投手である理由は?


BY J.J. SCHOCH (FEATURED COLUMNIST) ON AUGUST 12, 2013

Yu Darvish has taken Major League Baseball by storm in his second season. At this point, he has arguably become the most dominant pitcher in the game.
ダルビッシュ・ユウは2年目のシーズンに大リーグでみんなを心酔させています。現時点で彼は間違いなく大リーグで最も圧倒的な投手です。

The Japanese import has only been pitching since 2012, but during that time he has made opponents look silly at the plate.
この日本からの輸入品は2012年度から投げ始めたばかりです。しかし、この間、彼は対戦相手を打席で翻弄しています。

Darvish put up another masterful performance on Monday afternoon against the Houston Astros, setting a new career-high in strikeouts with 15. He had a no-hitter going through seven innings, only to be broken up by a Carlos Corporan home run in the bottom of the eighth.
ダルビッシュは月曜の午後、初めて自己最多となる15三振を奪い、ヒューストン・アストロズ戦でまた熟練した投球を重ねました。彼は7回までノーヒット・ノーランを続け、8回の裏にカルロス・コーポランにホームランを打たれ、記録は途絶えてしまいました。

This isn't the first time Darvish just missed a no-hitter this season, as he lost a perfect game to these same Astros in the ninth inning with two outs in his first start of the season.
ダルビッシュが今シーズンあと少しのところでノーヒット・ノーランを逃したのはこれが初めてではありません。彼はシーズン最初の登板で9回2アウトから、同じくこのアストロズ相手に完全試合を達成し損ねました。

The story of Darvish's season hasn't just been about no-hit bids, though, as he's also been the best strikeout pitcher in baseball, with today being his fifth 14-strikeout game of 2013.
しかし、ダルビッシュの今シーズンの物語はノーヒット・ノーランに関する奮闘だけではありません。と言うのは、今日が2013年度で5度目の14三振以上の試合であるように、彼は大リーグで最も三振を奪える投手でもあるからです。

The most shocking stat concerning Darvish is that he's only 26 years old (turns 27 this week). He combines the maturity level of a veteran with an arsenal of nasty pitches that very few pitchers boast.
ダルビッシュに関する数値で最も衝撃的なのは、彼はまだ26歳に過ぎない(今週27歳になる)ことです。彼はベテランの熟練度とほんの一握りの投手だけが自慢できる、打つのが厄介な球種の宝庫を併せ持っています。

Darvish's insane combination of youth, maturity and talent have put him in elite company in terms of strikeouts.
ダルビッシュの若さと熟練度と才能の尋常ではない組み合わせが、三振において彼をエリートの仲間に押し上げています。

Darvish has put himself in line to compete for the AL Cy Young award this year, but the real question is how he went from a pitcher with a 3.90 ERA last season to one of the best in the game in 2013.
ダルビッシュは今年のアメリカン・リーグのサイ・ヤング賞を競うまでになりましたが、本当の疑問は彼がどうやって昨シーズン防御率3.90だった投手から2013年度に大リーグ最高の投手の1人になったかです。

The Repertoire
(球種の)レパートリー


According to FanGraphs.com, Darvish has thrown seven different types of pitches this season−a fastball, a sinker, a slider, a cutter, a changeup, a splitter and a curveball.
ファングラフ.comによると、ダルビッシュは今シーズン7つの異なる球種を投げています。速球(フォーシーム)、シンカー(ツーシーム)、スライダー、カッター(カットボール)、チェンジアップ、スプリッター、カーブです。

However, like most other pitchers, Darvish's dominance starts with his fastball. He can throw the same pitch in a variety of ways, and his velocity is always changing. He has thrown the fastball as slow as 85.7 mph this season, and has been able to rev it up as high as 97.7 mph.
しかしながら、他のほとんどの投手がそうであるように、ダルビッシュが圧倒的な理由はまず最初に速球にあります。彼は同じ球種を違った方法で投げることができます。そして彼の球速は絶えず変化しています。彼は今シーズン速球を85.7マイルという遅い速度で投げたことがあり、それから97.7マイルにまで球速を上げることが可能です。

Usually a 12 mph difference in fastball speeds indicates that there is a problem because it shows that the pitcher is inconsistent. However, Darvish intentionally changes speeds to make it more difficult for batters to make solid contact.
通常は速球における12マイルの差は問題があることを示唆しています。と言うのは、それはその投手に持続性がないことを示しているからです。しかしながら、ダルビッシュは打者が確実に球を捕らえることを困難にするために、意識的に球速を変えています。

After setting opponents up with his fastball, Darvish can counter with some filthy offspeed pitches.
速球で打者を追い込んでおいて、ダルビッシュは嫌らしい、球速を殺した球種で迎え撃ちます。

He has a slider that is next to unhittable. According to FanGraphs.com, opponents are batting a measly .140 this season when Darvish throws his slider.
彼はほとんど打つことが困難なスライダーを持っています。ファングラフ.comによると、今シーズン、ダルビッシュがスライダーを投げたときの対戦相手の打率ははわずかに.140です。

Darvish's slider could be one of the keys to his success this season as he has relied on it much more this year. Whereas last year he threw the pitch 592 times compared to 996 fastballs, this year he's thrown it 889 times as opposed to 632 fastballs.
ダルビッシュが今シーズン、成功した鍵のひとつはスライダーにあります。と言うのは、彼は今年、昨年以上にスライダーに頼っているからです。彼は昨年996球の速球を投げたのに対してスライダーは592球でした。一方、今年は632球の速球を投げたのに対してスライダーは889球です。


Getting Opponents to Miss
対戦相手から空振りを奪うこと


It's tough to be a great strikeout pitcher without getting batters to swing and miss, and Darvish is one of the best in the game in that respect.
打者から空振りを奪わずに三振が取れる偉大な投手になるのは困難です。その点ではダルビッシュは大リーグで最高の投手の一人です。

This table from ShutDownInning.com breaks down the numbers:
ShutDownInning.comからのこの表(2012年度)はその数字を分析しています

darvish swinging strikeout rate.jpg
SwStr% = The percentage of total pitches a batter swings and miss on (from fangraphs.com).
打者が空振りする球全部の比率(%)

O-Swing% = The percentage of pitches a batter swings at outside the strike zone (from fangraphs.com).
打者がストライクゾーンを外れた球を振る比率(%)

Swinging Strikes/IP = The average number of swinging strikes a pitcher has induced per inning pitched.
1イニングあたり投手が打者から空振りストライクを奪う平均数

% of swinging strikes that were for strike 3 = of all swinging strikes, the ratio that were for strike 3.
三振を奪った空振りストライクの比率(%)=すべての空振りストライクの内、三振を奪った比率

Photo Courtesy ShutDownInning.com

Darvish gets batters to whiff on 10.3 percent of his pitches, while recording 30.1 percent of those swing-and-misses on pitches out of the zone. What's even more incredible is that 54 percent of those swinging strikes came on strike three.
ダルビッシュの投げた球の内、10.3パーセントを打者は空振りしています。一方、その空振りの30.1パーセントをストライクゾーンを外れた球で奪っています。さらに信じられないのは、空振りストライクの内54パーセントで三振を奪っている点です。

Darvish has proven that he can get ahead in the count by throwing strikes that batters don't even bother to swing at. When he gets ahead in the count, though, the batters get jumpy, which is why they are swinging at balls out of the zone later in the count.
ダルビッシュは打者が見向きもしないストライクを投げてカウントを追い込めることを証明しました。しかし、カウントを追い込むと打者は神経質になります。これが、打者がカウントが進むとストライクゾーンを外れたボールを振っている理由です。

It's tough enough to hit Darvish's pitches when they're in the zone, but when batters are swinging at balls as opposed to strikes it makes it next to impossible reach base consistently against the Texas ace.
ダルビッシュの投げたストライクゾーンの球を打つのは十分に難しいです。しかし、打者がストライクゾーンの球とは反対にボール球を振っている場合には、テキサスのエースに対して塁に出ることはほとんど不可能です。

Painting the Corners
コーナーを突く


While getting batters to swing and miss is a big reason why Darvish is so dominant, he has proven that when he hits the corners of the zone it doesn't matter whether opponents swing or not.
打者から空振りを奪うことが、ダルビッシュが打者を圧倒する大きな理由ですが、ストライクゾーンのコーナーを突けば対戦相手がバットを振ろうがしまいが、それは大きな問題ではありません。

darvish's control..jpg
As you can see from this graphic from BaseballAnalytics.org, Darvish only gets hit hard when he leaves pitches over the plate that opponents can extend their arms on. However, when he is painting the corners of the zone, batters usually make harmless contact and are retired with ease.
ベースボール・アナリティクス.orgからのこのグラフからわかるように、対戦相手が腕を伸ばすことができるホームプレート上に球を投げると、ダルビッシュはひどく打たれてしまうだけです。しかしながら、ストライクゾーンのコーナーを突いているときには、打者は通常は球を捕らえても無害であり、簡単に打ち取れます。

Darvish doesn't have great the greatest control yet, which is illustrated by his 4.06 K/BB ratio. However, he paints corners well, and when he hits them consistently he's untouchable.
ダルビッシュはまだ針の穴を突くような良いコントロールは持っていません。これは、4.06というストライク/四球の比率(1個の四球を出す間に何個ストライクを奪えるかで、4.0を超えれば一流ではありますが、大リーグ史上最高は上原投手の8.05)で示されます。しかしながら、彼はコーナーを上手に突いています。持続的にそれができているときには彼は打たれません。

If he can improve his control over the next few seasons we could see Darvish get even better in the relatively near future.
もし彼がこれからの数シーズンにかけてコントロールを改善できれば、比較的近い将来にさらに凄いダルビッシュが見られるでしょう。


Getting Out of Jams
窮地を切り抜ける


The most important aspect of a strikeout is not that it retires a batter, but that it can quickly end a run-scoring opportunity.
三振の最も重要な意義は打者を退けることではなく、得点をする機会を素早く摘み取ることにあります。

When an opponent has runners on base the best thing they can do is put the ball in play. Whether they advance the runners or just put pressure on the defense, opponents who put the ball in play with runners on score runs.
対戦相手が塁に走者を出しているときに彼らができる最良の事はボールを前に打ち返すことです。走者を進塁させるにせよ、ただ守備陣にプレッシャーをかけるにせよ、走者を塁に出してボールを前に打ち返せば、対戦相手は得点をします。

That doesn't happen against Darvish.
それはダルビッシュに対しては起こりません。

The Japanese ace is at his best with runners on, and this season he's been absolutely stingey in that regard.
日本のエースは走者を塁に出してから本領を発揮します。そして今シーズン、その点では彼はまったくもってけち臭いと言えます。

As ShutDownInning.com tells us, opponents bat .293 with the bases empty against Darvish, but a pathetic .187 with runners on.
シャットダウン・イニング.comが示すように、対戦相手は塁が空いているときはダルビッシュに対する打率は.293ですが、走者がいるときは可哀そうなほどの.187です。

A big reason why Darvish doesn't give up runs is because he records so many strikeouts with runners on base.
ダルビッシュが得点を許さない大きな理由は、彼は塁に走者がいると、非常に多くの三振を記録するからです。

Putting It All Together
それらをすべてつなぎ合わせている


We've talked about what makes Darvish so special; now it's time to show how he uses his tools to his advantage.
これまで何がダルビッシュを非常に特別な存在にしているのかについて述べてきましたが、そろそろ彼がどうやって自分の道具を有益に利用しているのか示すときがやってきました。

Darvish changes speeds and eye levels, counters his fastball with his curve and sinker, and gets batters to continually guess at where his pitches are going. What's more, he knows his opponents well.
ダルビッシュはスピード、目線の高さ(球の高低)を変え、速球で投球を組みたてた後にはカーブ、シンカー(ツーシーム)を投げ、打者にどの球種が来るか絶えず迷わせています。さらに、ダルビッシュは対戦相手のことを良く理解しています。

Take this game against the Los Angeles Angels of Anaheim, for instance.
このロサンゼルス・エンゼルス(アナハイム)戦を例にとってみましょう。


Darvish throws breaking pitches that appear to be in the zone before dropping out, whereas he uses fastballs to finish off hitters by setting them up with offspeed stuff earlier in the count.
ダルビッシュはストライクゾーンに来たと見えて、それから沈んでストライクゾーンから外れる変化球を投げます。それに対して、若いカウントに球速を殺した球種を投げて投球を組み立ててから、速球で打者を仕留めます。

Sliders that are low and away, curveballs in the dirt and elevated fastballs are his favorite strikeout pitches, and he uses them well.
低めの逃げてゆくスライダー、ワンバウンドするカーブ、高めに外れる速球はダルビッシュの好きな三振の決め球で、よく使います。

Next, check out this game against the Boston Red Sox.
次はこのボストン・レッドソックス戦をチェックしてみましょう。



Darvish strikes out 14 batters by using his full arsenal of pitches.
ダルビッシュは持っている球種をすべて使って14三振を奪います。

His curve has great break, he consistently throws it down in the zone so that Boston batters are forced to swing at balls that end up in the dirt.
彼のカーブは大きな変化をします。彼は、ボストンの打者が最後はワンバウンドするボールを振らざるを得ないように、それを根気よくストライクゾーン低めに投げます。

Darvish's two-seamer runs away from left handed hitters, preceding it with low breaking balls that leaves hitters with no chance in the at-bat.
ダルビッシュは前もって低い変化球を投げてから、左打者から逃げてゆくツーシームを投げるので、打者は打席に立ってもチャンスが巡ってきません。

Finally, let's look at his performance against the Arizona Diamondbacks on August 1.
最後に、8月1日のアリゾナ・ダイアモンドバックス戦でのダルビッシュの快投を見てみましょう。



Darvish gets ahead early and has batters guessing by the end of the at-bat.
ダルビッシュは早く打者を追い込むので、打席が終わるごろには打者はどんな球種がくるか迷ってしまいます。

He's is in complete control in this game, which is why he tied a previous career-high with this performance.
この試合ではダルビッシュのコントロールは完ぺきでした。そのおかげで彼は自己最多タイとなるこの快投ができたのです。

Perhaps this explanation of Darvish will make his dominance a little more understandable. While I won't dismiss the theory that he is not from this planet without clear proof, it's at least possible that he is, in fact, human.
おそらく、ダルビッシュに関してこうして説明したことで、彼の圧倒的な投球に対する理解が少しは深まることと思います。私はダルビッシュがこの惑星(地球)以外の出身であるという理論を、明快な証明がなされるまでは捨て去るつもりはありませんが、少なくとも彼は実際は人間であるという可能性はあります。



posted by HANG IN THERE YU at 13:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

イチロー、ボルチモア・チョップで内野安打、日米通算4000安打まであと5本

7:10 PM ET, August 16, 2013
Fenway Park, Boston, Massachusetts

Yankees 10   Red Sox 3

123456789RHE
NYY12310000310152
BOS0001002003103





W: A. Pettitte (8-9)
L: F. Doubront (8-6)


8月16日、ヤンキース対レッドソックス3連戦の緒戦がレッド・ソックスの本拠地フェンウェイパークで行なわれ、ヤンキースが15安打を放ちレッド・ソックスに圧勝しました。

 ヤンキースの先発は41歳のべテラン左腕アンディ・ぺティットで、8勝目を挙げました。大リーグ通算253勝目(253勝151敗)でした。

 今日、もっとも活躍したヤンキースの選手はアルフォンゾ・ソリアーノAlfonso Sorianoで、4打数3安打4打点、3回に左中間に3ランホームランを放ちました。ソリアーノ(元広島カープに所属)はここ4試合で18打点を挙げ、大リーグ記録に並びました。大リーグでは2002年にサミー・ソーサが記録して以来の快挙です。

alfonso soriano red hot 18RBI in 4 games


 また、インディアンスから移籍してきたマーク・レイノルズMark Reynoldsが初打席で2ランホームランをレフトスタンドに放ちました。ヤンキースに移籍した最初の試合で5打数2安打3打点と活躍しました。

 イチロー選手はライトで先発出場し、9回に投手への高く弾む内野安打(ボルチモア・チョップと呼ばれる)でヤンキースの8点目をもたらしました。

 イチローのボルチモア・チョップ
ボルチモア・オリオールズのウィリー・キーラーWillie Keeler(8年連続200安打達成)が発案
ichiro suzuki's Baltimore Chop.gif
 今日の成績は5打数1安打1打点、1得点でした。打率.274。
 日米通算4000安打まで残り5安打となりました。


Soriano's 25th home run
ソリアーノ25号ホームラン(動画)
08/16/1301:00
8/16/13: Alfonso Soriano cranks a three-run home run over the Green Monster to extend the lead for the Yankees in the third
アルフォンゾ・ソリアーノは3回に、グリーン・モンスターを越える3ランホームランを放ち、ヤンキースのリードを拡げる

Reynolds' two-run homer
レイノルズの2ランホーマー(動画)
08/16/1300:55
8/16/13: Mark Reynolds drills a two-run homer over the Green Monster in his first at-bat as a member of the Yankees, making it a 3-0 lead
マーク・レイノルズはヤンキースの一員となった初打席でグリーン・モンスターを越える2ランホーマーを放ち、ヤンキースが3対0とリード


Ichiro's RBI single
イチローのタイムリーヒット(ボルチモア・チョップ)(動画)
08/16/1300:36
8/16/13: Ichiro Suzuki hits a high chopper back to the mound and beats the throw to first for an RBI single to extend the Yankees' lead
鈴木イチローは投手へ高く弾む打球(ボルチモア・チョップ)を打ち返し、一塁への送球に勝ち、ヤンキースのリードを拡げるタイムリーヒットとなりました
 
posted by HANG IN THERE YU at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする