記事一覧

2013年07月26日

岩隈10勝目、WHIP0.95アメリカンリーグトップ

岩隈10勝目、6回零封

10:10 PM ET, July 25, 2013
Safeco Field, Seattle, Washington

Twins 2    Mariners 8

123456789RHE
MIN000000002280
SEA06002000-8113




W: H. Iwakuma (10-4)
L: K. Correia (7-7)

 岩隈投手がセイフコ・フィールド(マリナーズの本拠地)でのミネソタ・ツインズ戦で6回を0点に抑え10勝目を挙げ、自己の昨年の勝利数9勝を更新しました。岩隈投手はこの日、10勝目を挙げた黒田投手に次いで2桁勝利を挙げました。

 岩隈投手のこの日の投球内容は、
 6回を4安打、無失点、1四球、9三振、投球数は102/ストライク62。防御率は2.87

 これで、WHIP(1イニングあたり安打または四球で出した走者の数)は0.95でアメリカンリーグトップに立ちました。被打率.216はアメリカンリーグ5位です。トップはダルビッシュ投手で.189、黒田投手は.227で7位です。岩隈投手は今シーズン四球の数が少なく、四球率/9回は1.4です。昨年は3.1でした。
 日本人投手はオールスターゲーム後のシーズン後半みんな無失点スタートを切り、誰にもサイヤング賞のチャンスがありそうです。

 岩隈投手はツインズ戦に強く、昨年から26回2/3イニング自責点0です。またセイフコフィールド(マリナーズの本拠地)では今シーズン5勝1敗と良い成績を残しています。セイフコフィールドはホームランが出にくい球場であるのもその理由の1つでしょう。岩隈投手は四球の数が22、被本塁打の数が21でほぼ同数であるという不思議な数字を残しています。岩隈投手は本塁打を打たれない試合は良い結果を残しています。

 
Iwakuma's scoreless start
岩隈の無失点登板(動画)
posted by HANG IN THERE YU at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒田10勝目、防御率2.51アメリカンリーグ2位

黒田10勝目、防御率2.51アメリカンリーグ2位

2:05 PM ET, July 25, 2013
Rangers Ballpark in Arlington, Arlington, Texas

123456789RHE
NYY0000010102100
TEX000000000071





W: H. Kuroda (10-6)
L: D. Holland (8-6)
S: M. Rivera (33)

 黒田投手がレンジャーズ戦で7回を0点に抑え、今シーズン好調な日本人投手の中で最初に10勝目を挙げました。


黒田投手は6月は防御率3.92、1勝3敗と不調でしたが、7月に入って負けなしの3勝目を挙げました。7月の防御率は0.69で本塁打を1本も打たれていません。6月は本塁打を7本も打たれています。

 黒田投手の防御率は現在アメリカンリーグ第2位です。1位はマリナーズのフェリックス・ヘルナンデスの2.43です。この調子が続けばサイヤング賞も夢ではないような気がします。
 

(Boston Heraid .com)

AL roundup: Hiroki Kuroda has strong outing; Yankees blank Rangers, 2-0
アメリカンリーグ・ラウンドアップ:黒田博樹は力強い登板で、ヤンキースがレンジャースを2対0で完封


ARLINGTON, Texas − Hiroki Kuroda pitched seven scoreless innings, Mariano Rivera got gifts before posting another save and the New York Yankees beat Texas 2-0 on Thursday to split the four-game series.
アーリントン、テキサス − 黒田博樹は7回を完封し、マリアーノ・リベラは試合前にプレゼントをもらいこの試合でセーブを挙げ、ニューヨーク・ヤンキースが木曜日2対0でテキサスを破り、4連戦を引き分けました。

After David Robertson worked a 1-2-3 eighth, Rivera pitched the ninth for his 33rd save this season, extending his career record to 641.
デイビッド・ロバートソンが8回を3人で片付けた後、リベラは9回を投げ、シーズン33セーブ目を挙げ、生涯セーブ記録を641に伸ばしました。

The Yankees took the lead for good when Brent Lillibridge's RBI double in the sixth made it 1-0 off Derek Holland (8-6).
ヤンキースは6回にブレント・リリブリッジのタイムリー2塁打でデレク・ホランド(先発投手、8勝6敗)から1対0とリードを奪いました。(for good:そのままリードを続けました)

Kuroda (10-6) scattered six hits, striking out three and walking one. He is 3-0 with a 0.69 ERA in four July starts.
黒田(10勝6敗)は散発3安打、3三振、1四球に抑えました。彼は7月は4度の先発で防御率0.69、3勝0敗です。

The Rangers honored the retiring Rivera in a ceremony before his last regular-season game in Texas, presenting him with a pair of cowboy boots inscribed with the Yankees logo, his name and No. 42. He was also given a cowboy hat and a $5,000 donation was made to the Mariano Rivera Foundation that helps needy children.
レンジャーズは今シーズンで引退するリベラのテキサスでの公式戦最後の登板の前に、表彰式を開き、ヤンキースのロゴ、名前、42番が彫られたカウボーイブーツをリベラに贈りました。さらに、リベラにはカウボーイハットと、恵まれない子供たちを援助するマリアーノ・リベラ基金に5000ドルが贈られました。

Kuroda's strong outing
黒田の力強い登板(動画)

Mo earns the save
リベラ、セーブを挙げる(動画)
posted by HANG IN THERE YU at 16:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

岩隅投手9勝目、マリナーズ1安打でアストロズに勝利

岩隈9勝目、マリナーズ5連勝

7:10 PM ET, July 20, 2013

Minute Maid Park, Houston, Texas

123456789 R H E
SEA 000002200 4 1 0
HOU 000020000 2 7 0

W: H. Iwakuma (9-4)

L: E. Bedard (3-7)

S: T. Wilhelmsen (21)


 岩隈投手がヒューストン・アストロズ戦で7回を2失点に抑えて9勝目を挙げました。岩隈投手は5回に2点を先制されましたが、マリナーズは6回にノーヒットで同点に追いつき、7回にソーンダースのチーム唯一の安打となる2塁打で逆転し、4対2でアストロズを破りました。

 アストロズの先発ビダード投手は6回までノーヒットに抑え、7回に1アウトを取ってこの日5個目の四球を出したところで、後続のリリーフと交代し、リリーフが2点を失ったため、ノーヒットで負け投手になってしまうという珍しい記録となりました。

 岩隈投手のこの日の投球内容は、
7回を7安打、2失点、2自責点、2四球、7三振、防御率2.99。投球数87/ストライク60。


Mariners battle to beat Astros with just one hit
マリナーズはわずか1安打でアストロズを下す


Saunders' RBI double ends no-hit bid and drives in winning runs
ソーンダースのタイムリー2塁打はノーヒットの打線に終止符を打ち、決勝点をもたらします
By Greg Johns / MLB.com | 7/20/2013 11:42 PM ET


HOUSTON -- Astros left-hander Erik Bedard no-hit his former Mariners team for 6 1/3 innings on Saturday, but wound up the losing pitcher on a strange night when Seattle pulled out a 4-2 victory despite managing just one hit and striking out 15 times.
ヒューストン --アストロズの左腕エリック・ビダードは土曜日、以前のチーム、マリナーズを6回1/3イニングに渡ってノーヒットに抑えましたが、シアトルが1安打と15三振にもかかわらず、4対2で勝利を引き寄せたため、ビダードは結局、負け投手になるという奇妙な夜になってしまいました。

"That's the oddest win I've ever been a part of," said Saunders. "To score two runs on no hits and no errors, I don't remember the last time that happened. We're just grinding out at-bats. Bedard pitched great -- a no-hitter -- and ended up taking the loss. I don't know how that happens."
「これは今まで立ち会った中で最も奇妙な勝利です」ソーンダースは言いました。「ノーヒット、ノーエラーで2得点するとは、いつ以来のことか記憶にありません。われわれはただ打つことに必死になっていました。ビダードはすばらしい投球(ノーヒット試合)をしましたが、結局、負け投手になってしまいました。どうしてこんなことになるのか訳がわかりません」

Bedard had no issues with being pulled when his pitch count hit 109, which equaled his season high. He told Porter, "I'm done," when the skipper came to the mound in the seventh.
ビダードは降板の最、投球数は109球(シーズン最多タイ)で特に問題はありませんでした。監督が7回にマウンドにやって来たとき、彼は「私の投球は終わりました」とポーター監督に言いました。

"I've had three shoulder surgeries, so I'm not going over 109," Bedard said. "I'd rather pitch a couple more years than face another batter."
「過去に3度、肩の手術を経験しているので110球以上投げるつもりはありません」ビダードは言いました。「私は次の打者と対戦するよりもあと2,3年投げることの方を選びます」


Mariners All-Star Hisashi Iwakuma got the win after allowing two runs on seven hits over seven innings. Iwakuma is now 9-4 with a 2.99 ERA as Seattle won its fifth straight to improve to 45-52.
マリナーズのオールスター選手、岩隈は7回を7安打、2失点に抑え、勝利を挙げました。岩隈は現在、9勝4敗、防御率2.99で、シアトルは5連勝で成績は45勝52敗と良くなりました

Iwakuma's ninth win
岩隈9勝目(動画)
07/21/13 | 00:01:32


M. Saunders' two-run double
ソーンダースの2点2塁打(動画)


Bedard on no-hit bid, loss
ビダード、ノーヒットに抑えるも、負け投手(動画)
07/21/13 | 00:01:41

posted by HANG IN THERE YU at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。