記事一覧

2013年06月27日

川崎宗則選手マイナー降格に、ファンは悲しむ

 心配していた通り、ブルージェイズの川崎宗則選手は、ショートのホセ・レイエス選手が怪我から復帰してきたのに伴って、マイナーリーグに降格となってしまいました。チームは11連勝の後、球団新記録となる12連勝はできませんでしたが、その試合の後、監督にマイナー行きを告げられました。
 川崎選手がメジャーに残るにはブルペン陣から1人をマイナーに降格させるしか選択肢は無かったのですが、11連勝を支えてきた大きな要因は好調な投手陣にあったので、監督はこれには手をつけたくなかったようで、監督にとっても辛い選択であったようです。

 試合が終わった後、監督はチームミーティングを開き、チームの選手たちに川崎選手がマイナーに行くことになったことを伝えました。これは異例なことで、川崎選手がいかにチームメート、監督に気に入られていたかを物語っています。ファンも悲しみに包まれています。


Blue Jays Send Popular Fan and Team Favorite Munenori Kawasaki to Minors
ブルージェイズは人気者でファンとチームのお気に入りの川崎宗則をマイナーに送りました


BY DOUG MEAD (FEATURED COLUMNIST) ON JUNE 26, 2013

The good news for the Toronto Blue Jays is that shortstop Jose Reyes will be back in the lineup on Wednesday against the Tampa Bay Rays.
トロント・ブルージェイズにとって良いニュースは、水曜日のタンパベイ・レイズ戦にショートのホセ・レイエスが戦列に復帰してくることです。


The bad news−for both fans and teammates−is that Munenori Kawasaki became the sacrificial lamb. 
ファンとチームメイトにとって悪いニュースは、川崎宗則がいけにえ(いけにえの子羊)になったことです。


The news was indeed received with sadness, especially by the players.
このニュースは本当に悲しみをもって、とりわけ選手に、受け取られました。

In fact, Blue Jays manager John Gibbons called a brief team meeting to inform the players of the news.
事実、ブルージェイズの監督ジョン・ギボンズは、このニュースを選手に伝えるために短いチームミーティングを開きました。


That is an indication of the impact that Kawasaki had on his teammates, never mind the city of Toronto.
それは川崎がチームメイトに与えた衝撃の大きさを示しています。くよくよしないでください、トロント市のみなさん。



When Kawasaki was asked about his thoughts on demotion, something got lost in translation.
川崎がマイナーに行くことになった感想を尋ねられたとき、通訳の際何かうまく伝わりませんでした。


Gregor Chisholm @gregorMLB

Kawasaki was asked what his final message to #BlueJays fans was, but he misunderstood the question and answered: "I'm hungry."
11:49 AM - 26 Jun 2013
川崎はブルージェイズのファンへの最後のメッセージを尋ねられましたが、彼は質問の意味を取り違えて、答えました:「お腹がすいた」

The Twitter universe weighed in on Kawasaki's demotion as well.
ツイッター・ユニバースもまたこれに同乗してきました。

Joe Veyera @JosephVeyera

Nothing has filled me with more sadness than learning that Munenori Kawasaki has been sent down by the #BlueJays. #Mariners #EnergyBoy
12:07 PM - 26 Jun 2013
川崎宗則がマイナー行きになることを知りましたが、これほど悲しいことは今までにありませんでした。


Jay Close @CloseyJ

Munenori Kawasaki: class act through and through, wish him the best, hope to see him again in a Jays uniform #Bluejays
12:04 PM - 26 Jun 2013
川崎宗則:まったくもって印象的でスタイリッシュ、彼に幸運を!ジェイズのユニフォームをまた着た彼に会えることを願っています。

As for Gibbons, he had one simple message.
ギボンズ(監督)に関しては、彼は簡潔なメッセージを残しています。

Arash Madani @ArashMadani

Gibbons said sending Kawasaki down was a "hard decision, but we wanted to keep our pitching intact." Added, "He'll be back." #Bluejays #Jays
11:33 AM - 26 Jun 2013
ギボンズは川崎をマイナーに送ることは「辛い決断だった。しかし、投手陣に手を付けたくなかったんです」さらに付け加えました。「彼は戻ってきます」


So take heart, Blue Jays fans−your favorite player will be back.
だから、ブルージェイズのファンのみなさん、元気をだしてください!あなたのお気に入りの選手は戻ってきます。
posted by HANG IN THERE YU at 06:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

ブルージェイズ10連勝、川崎1安打、王建民好投

 トロント・ブルージェイズが破竹の10連勝

 川崎選手は2打数1安打で、打率は.233

 1:07 PM ET, June 22, 2013
Rogers Centre, Toronto, Ontario

123456789RHE
BAL000010010260
TOR10001002-441




W: D. Oliver (3-1)
L: M. Gonzalez (5-3)
S: C. Janssen (17)

 トロント・ブルージェイズがオリオールズ戦で10連勝を記録しました。王建民(ワン・チェン・ミン)は今年ブルージェイズに移籍して、先日初勝利を挙げたばかりですが、この日も6回1/3イニングを1失点(自責点0)に抑える好投をしました。ブルージェイズはこれで36勝35敗と1つ貯金を作り、首位のボストン・レッドソックスとのゲーム差を6としました(アメリカンリーグ東地区)。


Blue Jays extend winning streak to 10 games on Jose Bautista home run
ブルージェイズはホセ・バウティスタのホームランで連勝を10に伸ばしました

Chien-Ming Wang handles Baltimore Orioles batters, Jay streak one shy of team record.
王建民はボルティモア・オリオールズを(うまく)料理して、ジェイは球団記録(連勝の)にあと1つに迫りました

By: Mark Zwolinski Sports reporter, Published on Sat Jun 22 2013


ブルージェイズのジレンマ

 ブルージェイズはショートストップのレギュラー、ホセ・レイエス選手が早くて来週の月曜日にもブルージェイズに復帰する見込みで、さらに戦力アップが見込まれ、首位との差を縮めるチャンスですが、大きな問題に直面しています。ムードメーカーとしてブルージェイズの10連勝に大きな貢献をしてきたショートストップの川崎選手をどうするのかジレンマに陥っています。川崎選手はホセ・レイエス選手と入れ替わりに3Aのバッファローに降格となってしまうのでしょうか?

Blue Jays: Teammates would rather not say sayonara to shortstop Munenori Kawasaki
ブルージェイズ:チームメイトはむしろショートストップの川崎宗則と別れたくはないのです


The Jays face a dilemma when all-star shortstop Jose Reyes returns: what to do with his popular and productive replacement?
ジェイズはオールスター選手ホセ・レイエスが復帰すると、ジレンマに直面します。人気があって(いろいろなものを)生み出してくれる彼の代役をどうすればよいのでしょうか?

By: Mark Zwolinski Sports reporter, Published on Sat Jun 22 2013


Munenori Kawasaki’s fate with the Blue Jays could become clear Sunday or Monday, but there’s no doubt the popular Japanese shortstop has left an indelible impression on his teammates and manager.
川崎宗則のブルージェイズでの運命は日曜日か月曜日には明らかになるでしょう。しかし、この人気ある日本のショートストップがチームメイトや監督に忘れることのできない印象を残したことは疑う余地がありません。


In fact, that impression may be so great, it could become permanent.
事実、その印象はとても大きくて、永久に残るかもしれません。


“He’s a great story,” Jays manager John Gibbons said. “We signed him and he was in spring training and no one knew much about him, but he’s doing things now that just make you feel good.”
「彼は偉大な物語を作ってきました」ジョン・ギボンズ監督は言いました。「チームは彼と契約し、彼は春季キャンプに現れました。誰も彼のことはよく知りませんでした。しかし、彼は現在いろいろなことを、ただみんなを気持ちよくさせるために行なっています。


Kawasaki has done an incredible job of replacing Jose Reyes since the all-star shortstop went down with an ankle injury in mid-April. When Reyes returns, likely within the next few days, the logical move − the Jays already have two veteran, everyday-quality middle infielders in Emilio Bonifacio and Maicer Izturis − would be to return Kawasaki to Triple-A Buffalo.
川崎はオールスターのショートストップ、ホセ・レイエスが4月中旬に足首を怪我して、戦列から外れて以来、彼の代役として信じられないほどの仕事を果たしてきました。2、3日中にレイエスが復帰すると、論理的な流れとしては、ジェイズにはすでに毎日出場可能なレベルのベテラン内野手(2塁から3塁)であるエミリオ・ボニファシオとマイセル・イズツーリスがいるので、川崎は3Aのバッファローに戻ることになるでしょう。

But in the two months that Kawasaki has been with the team, he’s not only produced both offensively and defensively, but has won the hearts of the fans and solidified himself as an integral part of the Jays’ turnaround.
しかし、川崎はチームに合流したこの2ヶ月で、攻撃と守備の両面で活躍してきただけでなく、ファンの心も奪い取ってしまいました。そしてジェイズの大躍進に欠かせない選手であることを確たるものにしました。

When asked which player Kawasaki reminded him of, Gibbons replied: “Nothing comes to mind. Jose Reyes is like that, a lot of energy and positive, brings guys together . . . but there’s something different about Kawasaki.”
川崎選手を見てどんな選手を思い出すかを聞かれて、ギボンズ(監督)は答えました。「何も浮かんできません。ホセ・レイエスはエネルギーにあふれ、前向きで、みんなをひとつにまとめる選手、似たタイプです。・・・しかし、川崎選手には彼とは違った面があります。

Kawasaki could be kept on the major-league roster should the Jays choose to reduce their bullpen to the usual seven pitchers instead of the current eight. At least three relievers have various options that could be executed to preserve Kawasaki’s major-league status.
川崎は、もしジェイズが救援陣を現在の8人から通常の7人に減らせば、大リーグの選手として登録されたままでいられる可能性があります。川崎の大リーグの選手としての身分を保持するために、少なくとも、3人の救援投手にはいろいろな選択が可能です。

It might be the first time a minor-league player earns a big-league job on the basis of his personality, but Kawasaki has indeed become a huge part of the Jays’ resurgence and is acknowledged in the clubhouse as a player the team cannot do without.
マイナーリーグの選手が個性を元に大リーグの仕事を獲得するのは最初のケースかもしれません。しかし、川崎はジェイズの再起に、本当に大きな役割を果たしてきました。そして、仲間うちではチームに欠くことのできない選手として認められています。
posted by HANG IN THERE YU at 15:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

川崎宗則選手7回に同点2ラン(大リーグ初)、ブルージェイズ9連勝

 Orioles 6     Blue Jays 7

7:07 PM ET, June 21, 2013
Rogers Centre, Toronto, Ontario

123456789RHE
BAL010004100670
TOR200011201790




W: C. Janssen (2-0)

L: B. Matusz (2-1)


 ブルージェイズの先発は昨シーズン、ニューヨーク・メッツでナリーグのサイヤング賞を受賞した、ナックルボーラーのR.A.ディッキーでした。
 しかしディッキーは6回表に、クリス・デイビスChris Davisに3ランホームランを打たれこの回4失点。ディッキーは7回表にホームランを打たれ四球を出した所で降板。この試合6失点でした。チームの連勝は8で終わりそうな流れでした。

 しかし、意外なヒーローが現れました。ムネリンです。

 川崎選手が6対4と負けていた7回裏に、2アウトからライトにトミー・ハンターTommy Hunter 2ランホームランを放ち6対6の同点としました。
 ちなみに、クリス・デイビスとトミー・ハンターはレンジャーズに以前所属していた選手で、オリールズとレンジャーズとのトレードでオリオールズに所属していた上原投手と引き換えにオリオールズにやってきました。クリス・デイビスはこの日27号を放っており、現在大リーグのホームラン王で、打率も3割3分を超えており、2年連続3冠王を狙うタイガースのミゲール・カブレラの最大のライバルとなっています。

 9回裏に1アウト1塁、2塁で川崎選手に打席が回ってきました。観衆はスタンディングオベーションで川崎選手を迎えました。今シーズン初め、サヨナラ2塁打でヒーローとなった再現かと期待が高まりましたが、結果は2塁へのゴロでした。しかし走者は2塁、3塁に進塁しました。トミ−・ハンターは今シーズンここまで3勝1敗、防御率2.23の成績です。

 ここでラジャイ・デイビス選手が左中間にサヨナラヒットを放ち、ブルージェイズがサヨナラ勝ちし、連勝を9に伸ばしました。
 川崎選手はこの日、5回裏にも2アウトからセンターへライナー性のタイムリーヒットを打ちました。この日は4打数2安打3打点の大活躍でした。

 正遊撃手のホセ・レイエス選手が来週月曜日にも怪我からブルージェイズに復帰してくる見込みで、これから川崎選手はどうなるのか心配ですが、いい所で大活躍をしてくれました。


Blue Jays win ninth in row on Davis' walk-off
ブルージェイズはデイビスのサヨナラ(ヒット)で9連勝

Kawasaki's first career homer in seventh sets stage for victory
川崎の7回の自身初のホームランは勝利への舞台を整えました

By Gregor Chisholm / MLB.com | 6/22/2013 12:06 AM ET

"I would say that it's no surprise, but that home run was a surprise," Blue Jays right-hander R.A. Dickey said with a laugh. "The legend grows. The Kawasaki legend grows, and rightly so."
「(川崎選手の活躍には)驚きはしないが、あのホームランには驚きました」ブルージェイズの右腕R.A. ディッキーは笑って言いました。「伝説は進化している。川崎の伝説は進化している。まさしくそうです」

Kawasaki has become somewhat of a cult figure in Toronto. His statistics certainly won't blow anyone away, but he has been embraced by the city because of a colorful personality and the way he goes about his daily routine. The popularity was taken up another notch after Kawasaki played such a vital role in extending Toronto's longest winning streak since 2008.
川崎はトロントで何か宗教的な崇拝対象になってきました。彼の成績には確かに誰もびっくりしませんが、彼は多彩な個性と毎日の儀式的な振る舞い(練習のルーチン、倒立とか)によって、街の人々に大変愛されています。2008年以来のトロントの長い連勝に重要な役割を果たしたおかげで、川崎選手の人気は一層高まりました。


川崎選手の大リーグ初のホームラン(動画)

posted by HANG IN THERE YU at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする