記事一覧

2013年04月27日

トロント・ブルージェイズ川崎宗則選手、カナダで旋風を呼んでいる

 大リーグの日本人選手で今、最も熱く、旋風を巻き起こしているのは、昨年までシアトル・マリナーズに所属し、現在はトロント・ブルージェイズのムネリンこと川崎宗則選手です。ブルージェイズには昨年、サイヤング賞を獲得したナックル・ボーラーのディッキー投手もニューヨーク・メッツから移籍しています。

川崎選手のlo visteのポーズ(3塁打を打った後)
kawasaki lo viste.jpg
Yeah, that Jose Reyes injury was shitty to watch, but his replacement is quickly becoming a fan favorite ‘round these parts. Munenori Kawasaki may not stay on the Jays roster for long, so we should cherish his presence while we can. Whether it’s his awesome awkwardness, his bat, or the bow, here’s why you gotta love Munenori Kawasaki.
ほんとに、あのホセ・レイエスの怪我は見るのも嫌だったけど、彼の代役はすぐに下の7つの作品のように、ジフアニメーター(繰り返し動画を作る人)の人気者になっています。川崎宗則はブルージェイズの選手名簿に長くは登録されていないかもしれませんので、われわれ(ジフアニメーター)は出来るかぎり彼の存在を大事にしないといけません。それが彼のとてもぎこちない動作か、バットか、それともお辞儀が理由かどうかはわかりませんが、以下に川崎宗則を愛すべき理由を紹介します。

1. The extended “Bow Lo Viste”. Gotta love how long he keeps it up for
拡張版「お辞儀Lo Viste」彼がいつまでそれを出来るかわからないので彼を大切にしないといけません

2. The post-homerun courtesy bow that Maicer Izturis doesn’t even acknowledge
ホームランの後の儀礼的なお辞儀ですが、(ホームランを打った)マイセル・イズツリスは見向きもしません

3. The post-triple “Lo Viste”
3塁打を打った後のLo Viste

4. The drop and roll
しゃがみ込んで転がる

5. The laugh after the drop and roll
しゃがみ込んで転んだ後の笑い

6. The dancing (from his Seattle days)
踊り(シアトル時代のもの)

7. And last but not least, THE ASICS BAT, SON.
最後に言い残してしまいましたが、それは大事なものではないからという意味ではありません。アシックスのバットです、みなさん

And last but not least:
最後に述べるが決して軽んずべきでない(もの[こと]であるが), 大事なことをひとつ言い残したが 《★Shakespeare 「ジュリアスシーザー」から》.

 ショートのホセ・レイエス選手が2塁への走塁の際に、足首を捻挫して故障者リスト入りし、復帰まで1ヶ月から3ヶ月かかる見込みだそうです。

 レイエス選手の怪我の翌日に、川崎選手は堅実な守備を買われて3Aのコロンバスからブルージェイズに昇格し、旋風を巻き起こしており、今、大変な人気者になっています。川崎選手に関する記事も多く、従来の日本人選手にはない天性の明るいキャラクターで負けが込んで出足の悪かったチームを明るくし、チームを勢いづけています。

 ホセ・レイエス選手が復帰して来たら、その後はトレードに出される可能性もあり(GMにはこの機会を利用して、川崎選手を起用し、そのユーティリティー・プレイヤーとしての活躍を他チームに披露してトレード要員にするというもくろみもあるらしい)今後どうなるかわかりませんが、川崎選手の活躍はみんなの記憶の中には強く残ることでしょう。現在の調子を少しでも長く続けてほしいですね。

 4月21日の対ニューヨーク・ヤンキース戦では、9試合目で初めて打順が9番から1番に昇格し、4打数1安打、1打点(レフトへの犠牲フライ)、1得点でした。通算成績は.261。
 これまで9試合に出場し、29打数6安打、3塁打1、4得点、3打点、4四球、3三振、四球率13.8%、三振率10.3%。四球率はチームで最も高く、三振率は最も低い。

 川崎選手のバッティングはイチロー選手を手本にしているためか、ゴロを打つ率が高く(9試合で66.7%)、ボールの球に手を出す率は12.7%と低く(マリナーズの時は28.5%)、コンタクト率(バットを振ってボールにバットが当たる率は100%、マリナーズの時は82.7%)、ブルージェイズでは空振りの三振はまだしていません。

 以下に、川崎選手に関する記事を紹介します。

4月21日の対ニューヨーク・ヤンキース戦でブルージェイズが8対4でヤンキースに勝ったときの記事です。

 Munenori Kawasaki Sets The Tone
 川崎宗則はチームに勢いをつけます
Apr 21st, 2013 at 8:58 pm by Justin Jay
(JAYS JOURNAL)
 川崎選手はボール球に手を出さず、投手に多くの球を投げさせて、確実にゴロを転がすというバッティングをしており、投手に多くの球を投げさす打席での姿勢をこの記事の記者は賞賛し、この姿勢をこれまで早打ちをしてきたチームが真似てチームに勢いがついたと述べています。

 Kawasaki has become quite the sensation here in Toronto. His high energy and high patience way of playing brought him from the bottom of this Blue Jay line-up, to the top. Today, he led off for the first time in his short time since replacing superstar SS Jose Reyes, and he did not dissapoint.
川崎はここトロントで本当に旋風を巻き起こしています。彼のエネルギッシュで辛抱強いプレイが彼をブルージェイズのラインナップの9番から1番へと押し上げました。今日、彼はスーパースターのショート、ホセ・レイエスと代わってから、短い時間しか経過していませんが、始めて1番打者になりました。そして、彼は失望を与えませんでした。

 In his first AB, he not only worked himself into a 3-2, 6 pitch at bat, but he also got on base with an infield single. I know it doesn’t sound like much, but creating a 6 pitch at bat has been a rarity for the free swinging Jays.
 彼は最初の打席で、カウント3ボール、2ストライクまで粘って、6球目を打ちました。そのうえ、内野安打で出塁までしました。これはたいしたことではないように聞こえるかもしれませんが、1打席で6球を投げさすことは、自由にスウィングをしているブルージェイズにとっては珍しいことです。

Since being brought up from Buffalo, Kawasaki has averaged 5 pitches per at bat. If you have been watching, then you know the patience hasn’t gone unnoticed.
 (3Aの)バッファローから昇格して以来、川崎は1打席で平均5球を投げさせています。もし注意して見ていれば、彼の辛抱強さに気づかずにいることはないでしょう。

 If you look at Kawasaki’s box score, it does not look all that impressive. 1-4 1 R 1 RBI 0 BB 2 K. If you watch the game however, you would have seen Kawasaki was a victim, twice, of home plate umpire Tim Timmons inconsistent strike zone.
 もし川崎の打撃記録を見たとしたら、それは余り印象に残るような成績ではありません。4打数1安打、1得点、1打点、四球0、2三振。しかし、試合を観戦していたら、川崎は2度、主審のティム・ティモンズの一貫性のないストライクゾーンの犠牲者になったことがわかるでしょう。

 On his 6th inning AB, Kawasaki struck out because Timmons had widened the zone for Yankees relief pitcher Boone Logan, forcing Kawasaki to reach on a 2-seamer out of the zone. In Kawasaki’s final AB, he was victimized by three pitches, all called strikes, that were not strikes, by Timmons.
 6回の打席で川崎は、ティモンズがヤンキースのリリーフ投手のブーン・ローガンに対するストライクゾーンを広げたために、ストライクゾーンを外れた2シームに手を出して三振を喫しました。川崎は最終打席では、ティモンズによりすべてストライクと判定された3球の犠牲者となってしまいました。しかし全部ストライクではありませんでした。

It prompted Kawasaki to have a conversation with the umpire. The point is, the bat did not come off Kawasaki’s shoulder because he was patiently waiting for a pitch to hit. The Blue Jays, as a whole, walked 6 times today.
 そういう理由で川崎を直ぐに主審に抗議しました。大事な点は、川崎は打つべき球が来るまで辛抱強く待っていたために、バットを振ることはなかったということです。ブルージェイズは、チーム全体で今日6四球を選びました。

Blue Jays: Munenori Kawasaki’s motor always running
ブルージェイズ:川崎宗則のモーターはいつも回っている

High-energy Munenori Kawasaki quickly becoming a favourite of Blue Jay fans and players.
エネルギッシュな川崎宗則はすぐにブルージェイズのファンや選手のお気に入りになりました

On the field, Kawasaki is fidgety and cartoonish, bending and bouncing with every play.
He attacks ground balls, bows at his teammates’ accomplishments and has become the team’s most energetic cheerleader. He’s a GIF-maker’s dream.
グラウンドでは川崎は、プレイごとに体を曲げたり跳ねてみたり、ぎこちなく漫画的な動作をします。彼はゴロを果敢に捕球しにいくし、チームメイトの良いプレイにはお辞儀をし、チームで最もエネルギッシュな応援リーダーになりました。彼はジフメーカー(繰り返し動画)の格好な標的です。

He has also quickly become a fan favourite.
On Wednesday night as he stepped up to the plate for his third at-bat, pockets of the Rogers Centre crowd were chanting his name: “Kawa-saki! Kawa-saki!”
彼はまたすぐにファンのお気に入りになりました。
水曜の夜、彼が第3打席に立つと、ロジャーセンター(ブルージェイズの本拠地)の観客の一群が彼の名前を合唱していました。「カワサキ!カワサキ!」

As the starting lineup was introduced on Thursday, the cheers for Kawasaki were as loud as they were for R.A. Dickey.
木曜日に先発メンバーが紹介されたとき、川崎への声援はディッキーへの声援と同じぐらいの大きさでした。


川崎宗則を好きになる7つの理由(動画)

2012年に大リーグで話題となった川崎選手の最高のみせかけの盗塁の試み
Munenori Kawasaki, The Best Fake Stolen Base Attempt



Lo Visteというジェスチャーはブルージェイズのユーティリティ・プレーヤーのボニファシオ(2012年は、ホセ・レイエスとともにマーリンズに所属)(チーム内では川崎選手と同じ立場の選手)が、2012年のマイアミ・マーリンズの春季キャンプでチーム内に広めました。それから他のチームにも広まったようです。

Miami Marlins outfielder, Emilio Bonifacio, does the ‘Lo Viste’ sign
マイアミ・マーリンズの外野手エミリオ・ボニファシオは‘Lo Viste’のサインを出しています
Emilio-Bonifacio.jpg
lo viste marlins.jpg

 Lo Visteはスペイン語で「それを見て」という意味らしい。

“We just do it to keep loose,’’ Reyes said.
「リラックスするためにそのジェスチャーをします」レイエスは言いました。
posted by HANG IN THERE YU at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

英語表現get in on(仲間に加わる)、川崎宗則選手もlo visteに加わる

lo visteのジェスチャーをするトロント・ブルージェイズの川崎宗則選手
kawasaki lo viste.jpg
It looks like everyone on the Blue Jays roster is getting in on “lo viste” these days.
ブルージェイズの登録選手はみんなこの頃、“lo viste”の仲間に加わっているように見えます。
#Blue Jays #Toronto Blue Jays #Munenori Kawasaki

It looks like  のように見える
everyone   みんな
on the Blue Jays roster ブルージェイズの選手登録名簿に載っている
getting in on 仲間に加わっている(現在進行形)、get it on で仲間に加わる(流行中のことをみんなと同じように行う)
lo viste  スペイン語で「それを見て」と言う意味。英語だと"see that"
these days この頃

MACMILLAN DICTIONARYよりget in onの解説

get in on - definition(定義)
get in on something to become involved in something that other people are doing that is fun or interesting, or that makes money

get in on something 面白くて楽しい、あるいはお金になる、他の人がしていることにかかわる(加わる)

lo viste のジェスチャーを発案したエミリオ・ボニファシオ(2012年マイアミ・マーリンズで流行させた、現在は川崎選手とチームメイト)、
emilio bonifacio in lo viste T shirt.jpg
Emilio Bonifacio gets the credit for creating the Lo Viste tradition
エミリオ・ボニファシオが Lo Visteの伝統を作り出した本人です

The act of the Lo Viste is done by raising your hand to your face and holding a sideways V with your middle and index fingers up to your eye.
Lo Viste は手を顔まで上げて、中指と人差し指で横向きのVを目の前に保って行います。

 選手はヒットを打つとこのポーズをして、チームのダッグアウトの方を振り向きます。ファンにもこのポーズが浸透しているようです。
posted by HANG IN THERE YU at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダルビッシュ4勝目、エンゼルスを圧倒

 

Rangers 11   Angels 3



 10:05 PM ET, April 24, 2013

Angel Stadium of Anaheim, Anaheim, California 

123456789RHE
TEX00090200011110
LAA000000030390

W: Y. Darvish (4-1)

L: M. Roth (1-1)


 ダルビッシュ4勝目

 アメリカンリーグ西地区のライバル同士の対決、レンジャーズ対エンゼルス戦で、ダルビッシュ投手は6回を3安打0点に抑え、エンゼルスを圧倒、試合はレンジャースが4回に大量9点を入れ、この時点で試合の勝敗は決まってしまい、結局レンジャースが11対3でエンゼルスを破りました。

 今シーズン、ダルビッシュ投手の投球で目立つのは速球フォーシームの球速が増している点です。
 今日のフォーシームの平均球速は94.3マイル、最高は98マイルでした。

 今日はフォーシームの調子が良く、フォーシームとスライダーを主体に投球を組み立てていました。
配球はスライダーが43、フォーシームが42、ツーシーム8、カーブ4、カットボール3でした。

 今シーズンは投球の配球が試合ごとに大きく変わっており、ダルビッシュの球種の多さを物語っています。その日の調子の良い球種を試合を進めながら使っているようです。投球フォーム自体は昨年と変わっているようには見えませんが、テイクバックを大きく取っていないのが目立ちます(昨年と大きくは変わってはいないようにも見える)。相手の打者の証言では、小さなフォームなのに思ったよりもボールに球速があるので振り遅れてしまうそうです。

 今日のダルビッシュ投手の成績は、
6回を、3安打、無失点、2四球、11三振、投球数100、ストライク68。
今シーズンの防御率は1.65。今シーズンの通算三振数は49で大リーグトップ。


ダルビッシュの11三振(動画)


 ダルビッシュ投手は今シーズン前に、すでにサイヤング賞候補の筆頭でしたが、今日の投球をみるとその可能性を強く感じてしまいます。


ダルビッシュはペドロ・マルチネスの領域に近づきつつある

 レンジャーズのチームメートの投手デレク・ロー(40歳)は長年大リーグで活躍してきましたが、ダルビッシュは球種の多さ、球速がある、打者を圧倒する投球の巧みさから、大リーグ最強右腕の呼び声が高いペドロ・マルチネスのようだと言っています。あるコラムニストもダルビッシュとマルチネスを比較する記事を載せていました。


Yu Darvish GIF shows his five-pitch mastery
ダルビッシュ・ユウの動画(ジフ)は彼の5つの球種の巧みの技を示しています
ダルビッっシュの投球が如何に打ちづらいかをしめす動画(ジフアニメーション)

Jeff Passan @JeffPassan

The Darvish GIF doesn't even include his splitter or cutter. There's a four-seam fastball, two-seamer, hard curve, slow curve and slider.
ダルビッシュのこの動画(ジフ)にはスプリッターとカットボールが含まれていません。フォーシーム、ツーシーム、ハードカーブ(速い)、スローカーブ(緩い)、スライダーが含まれています。
1:15 AM - 26 Apr 2013







posted by HANG IN THERE YU at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

理想的な投球フォーム

 理想的な投球フォームの条件を4つ挙げてみましょう。

@球が速い
A制球が良い
B肘、肩への負担が少なく怪我をしないで長い年月(20年以上)投げれる
C投球動作の始動からボールが手から離れるまでの時間が短い


Cを加えたのは球が時速140キロ代の前半の速球でも、投球動作が速いと打者がタイミングを取りづらく、空振りすることが多いからです。具体例は大リーグでは上原投手、日本のプロ野球ではソフトバンクの摂津投手です。大リーグでは球が速いだけでは通用しないようです。いかにタイミングを外すかが必要なようです。また、制球が良いことも大事ですが、コースを狙うよりもタイミングを外す方が効果はありそうです。大リーグの打者はパワーがあるのでタイミングさえ合えばボール球でもホームランを打つからです。

 大リーグで@、A、Bを満たしている投手を一人挙げるとすると、1910−1920年代に活躍した右のサイドハンド投手ウォルター・ジョンソンがその代表です。

 ジョンソンの成績はすばらしく、通算勝利数はサイ・ヤングの通算511勝に次ぐ、417勝で大リーグ歴代2位です。防御率は2.17でサイ・ヤングの2.63を上回っています。通算完封数は歴代1位の110でこれを破る選手はもう出てこないでしょう。球速は90マイル代中から後半だったそうです。通算三振数は3508で、これを最初に破ったのは現テキサス・レンジャース社長のノーラン・ライアンです。
制球も良く、四球率2.1/9回でした。

Bの肘、肩への負担が少ない理由

 野球でオーバーヘッド動作という表現があります。これは腕を頭よりも高く上げる動作をすることで、この動作は野球に限らず、バレーボール、その他のスポーツでも同様に肩に無理がかかる動作です。
 そういう理由で、オーバーハンドスローは怪我をしやすいと言えます。

 ソフトボールの投手が怪我をしないのは重力を利用しているから

 ソフトボールではボーリングの投球同様に重力で腕が自然に落下しスウィングするのを利用できるので、肩に負担がかかりません。また、肘は伸ばしたままなので肘の故障もないようです。
 したがって、ソフトボールの投球フォームは怪我をしにくいと言えます。野球のサイドハンドスローも同様です。四つ足動物の前脚の向きは体軸に対して直角なので、サイドハンドスローの腕の向きと同様なので、サイドハンドの投げ方も腕に無理がかからないのでしょう。また、サイドハンドスローの投球では肘をほとんど曲げないので肘は故障しにくいと思われます。また、野球のアンダーハンドスローも同様に故障しにくいと言えます。

 野球のオーバーハンドスローではテイクバックで腕、肘を高く上げる動作が必要ですが、これが肩には大きな負担になります。腕の重さは腕の太さが人によって違いますので、差がありますが、体重の9%位あるそうです。体重70キロでは6キロ近くもあります。ボーリングの13ポンドのボールが5.9キロですから、オーバーハンドスローはいかに肩に負荷のかかる投げ方かがわかります

 野球のオーバーハンドスローは重力に逆らった投げ方なので、肘が一番高く上がるまでは重力に逆らうので、腕のスウィング速度を加速するのもたいへんです。

 腕を加速時にはもっと大きな負荷がかかります。

 ニュートンの慣性の法則により、慣性抵抗が生じます。

 慣性抵抗は質量×加速度ですので、腕を急加速すると肩は大きな負荷(トルク)がかかります。トルクは回転させる力で、てこの原理でいうところの力×距離で表わせます。
 オーバーハンドでテイクバックからの投げ始めにいきなり腕を急に回転させてはいけない理由がここにあります。また、トルクは距離に比例するので、投げ始めに腕が体から離れていると肩に大きなトルクがかかります。前足を着くまで腕を振ってはいけないといわれるのはこのためです。前足を着いて、体の各部分を回転さないと肩には大きな負荷がかかります。

 サイドハンドスローが怪我をしにくい理由

@腕を肩よりも上に上げないので上への負荷が少ない

Aテイクバック時、腕を体の後ろへ大きく引くことができる
 腕が下がった状態では、ボーリング、ソフトボールの投球で分るように腕を後ろへ大きく引くことができます。直立して腕を下げた状態から腕をできるだけ後ろへ引き、肘をのばしたまま腕を肩の真上まで上げてゆくと、肩が痛くなり、腕を上に上げるほど腕は前に出てゆきます。したがって、オーバーハンドスローでは肘を曲げ、体を横に向け手の位置をホームプレートから遠ざかるようにテイクバックしなければ投球ができません。

 ウォルター・ジョンソンの投球フォームは、ボーリングのテイクバックを上体を前傾にして横に捻りながら行います。少し高く上げた腕を重力を利用しながら少し下げながら、体を回転させそのまま遠心力を利用して横に振り出す感じです。肘はわずかに曲げて水平よりも少し下がり気味で少しアンダーハンドスロー気味です。重力と遠心力を利用して投げているので腕が勝手に回っていく感じで、オーバーハンドスローとは比べようもないぐらい非常に楽な投げ方です。
 
ウォルター・ジョンソンの投球フォーム
walter johnson warm up.gif

野球肩、野球肘

 野球の投手は肩、肘の怪我、故障をする危険性が高いのですが、投球フォーム別にみると、上から投げ下ろすオーバーハンドスローが最も故障をしやすいようです。野球に限らず、腕を肩より高く上げてスウィングする(オーバーヘッドスローイング)スポーツ、バレーボールのアタック、テニスのサーブ、バドミントン、水泳(バタフライ、クロール)などでも同様の故障をする可能性があります。

 いずれにしても、オーバーヘッドスローイングをしなければ良いということです。バレーボールのアタックではボールがネットを越すためには腕を高く上げざるを得ません。野球の場合、アンダースロー、サイドスローも可能なので幸いです。オーバースローでも腕の角度を上体の軸と90度にして、上体の軸を垂直から傾ければ腕の角度は水平より上がり、スリークォーターで投げることは可能です。

肘、肩を故障しやすいオーバーヘッドスローイングとは?
オーバーヘッドスローイング.gif

 サイドハンドスローは一般的に肩、肘に負担がかかりにくいと思いますが、肘を曲げた投げ方をすると、やはり故障につながります。
 
 肘を先行させ前腕が遅れて出てくるレイバックの姿勢を取る投手は肘の内側側副靭帯に引っ張応力がかかり、トミー・ジョン手術(内側側副靭帯再建術)が必要になる可能性があります。

 トミー・ジョン手術を受けたサイドハンド投手

元ヤクルトのイム・チャンヨン投手、最速160キロを記録した。2012年7月に手術を受けました。現在はシカゴ・カブスとマイナー契約しており、リハビリ中です。
lim chang yong lay back.jpg
lim chang yong 2011.gif
lim chang yong.gif

ヤクルトの館山昌平投手、最速153キロを投げる。2012年4月12日に2度目のトミー・ジョン手術を受けました。
tateyama shouhei s1.gif

 日本のプロ野球のサイドハンド投手で大きな怪我もなく活躍した選手は肘を大きく曲げた投げ方をしていません。

斎藤雅樹投手(元巨人)、通算18年で180勝96敗、防御率2.77
1990年(2年連続で20勝達成)の映像
saitou masaki1990 7consecutive complete..gif
saitou masaki1990 7consecutive completes1.gif

鹿取義隆投手(元巨人、西武)、通算19年で91勝46敗、131セーブ、防御率2.76
katori yoshitaka 1992 145km.gif
katori yoshitaka 1992 145kms1.gif

高津臣吾投手、(元ヤクルト、大リーグではシカゴ・ホワイトソックスとニューヨーク・メッツ計2年、韓国、台湾プロ野球に各1年)
ヤクルトでの通算15年で、36勝、46敗、286セーブ、防御率3.20。大リーグ通算2年で8勝6敗27セーブ、8ホールド、防御率3.38。
ホワイトソックスでの投球、球速は86マイル、時速138キロ
takatsu shingo CHS.gif
takatsu shingo CHSs1.gif

潮崎哲也投手、(元西武)、通算15年で82勝、55敗、55セーブ、防御率3.16。50センチも沈むシンカーが有名で、最速150キロを記録した。
shiozaki tetsuya 150km.gif
shiozaki tetsuya 150kms1.gif
shiozaki tetsuya 149km slow.gif



 大リーグで300勝以上挙げた投手は、大きな故障をせずに20年以上良い成績を残せた投手なので、どういうフォームで投げたのか非常に興味があります。
 
@ロジャー・クレメンス
 通算24年で354勝184敗、防御率3.12、奪三振率8.6/9回、四球率2.9/9回

クレメンスが20三振を記録した時の投球(15三振目)
clemens20.gif
clemens20s1.gif

 オーバーヘッドスローイングになっていません。腕の角度は上体の軸とだいたい90度となっています。テイクバックで肘をあまり高く上げていません。テイクバックで肘が上がりすぎると、肩も上がりすぎて、肘を大きく曲げたフォームになってしまいます。また、テイクバックからすぐに力を入れて腕を振っていません。前足が着地してから腕の振りが速くなっています。
 フォロースルー(ボールが手から離れて以降のフォーム)も大きく取っています。投球動作はボールが手から離れてから、大きく取り、ゆっくり減速しないと肘、肩に衝撃がきて故障につながります。
 体の重心の位置も両足を結んだ直線上にあり、クレメンスは故障しにくい投球フォームをしていると言えます。




 
 
 
posted by HANG IN THERE YU at 21:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月10日

ダルビッシュ完全とはほど遠かったが2勝目

ダルビッシュ2勝目


エンゼルス対レンジャース
              

 8:00 PM ET, April 7, 2013

Rangers Ballpark in Arlington, Arlington, Texas 

123456789RHE
LAA2000100003100
TEX30010300-780

W: Y. Darvish (2-0)

L: J. Weaver (0-1)



 前回の試合で完全試合にあと1アウトの好投をした、ダルビッシュと昨年20勝を挙げサイヤング賞投票で3位だったジェレッド・ウィーバーとの対決でしたが、2人とも怪我で途中降板となりました。ウィーバーは6回に打者1人と対戦した際、ライナー性の打球を避けようとして左肘を負傷し降板。ダルビッシュは5回を投げきった後、右手の薬指にできたマメのため降板。

 この日は風が強く、風速17マイル毎時、秒速7.6メートルで、2人ともコントロールに苦しみました。
 ダルビッシュは、初回ノーアウト満塁のピンチを2失点で切り抜け、以後は5回に1失点はしましたが、5回を3失点に抑え勝ち投手になり2勝目を挙げました。

 ダルビッシュのこの日の成績は、
5回を6安打、3失点、3自責点、4四球、1死球、6三振
投球数85、ストライク50


 ダルビッシュの次回の登板は予定では金曜日(現地時間)ですが、指の状態が良くなさそうなので、果たして予定通り登板できるのでしょうか?

(FOUL TERRITORYのコラムより抜粋)
APRIL 07, 2013

Yu Darvish expects to make next start Friday at Seattle
ダルビッシュ・ユウはシアトルでの次回の先発をするつもりです

Yu Darvish doesn’t believe the blister/skin issue on his right finger will force him to miss a start.
ダルビッシュ・ユウは薬指のマメ、皮膚の問題が先発を回避する理由になるとは信じていません。

Darvish said he sees no reasons he won’t make his next scheduled start on Friday at Seattle.
ダルビッシュは予定されているシアトルでの次回の先発をしない理由は見当たらないと言いました。

Darvish, fresh off falling one out shy of a perfect game in his season debut last Tuesday, got off to a shaky start on Sunday. He gave up two runs in the first inning, but said his finger wasn’t a factor in it.
ダルビッシュは先週の火曜にシーズン最初の試合に臨み、完全試合にあと1アウトと迫ったばかりで調子は良かったのですが、日曜日は不安定な立ち上がりでした。彼は初回、2点を失いましたが、指の状態がその要因ではないと言いました。


He then had three scoreless innings before allowing another run in the fifth. Darvish exited the game after five innings, as the blister/skin issue popped up again.
彼はそれから5回にもう1点許すまで3イニングを0点に抑えました。ダルビッシュは5回を投げた後で、マメと皮膚の問題がまた急に浮上したので、降板しました。


“As far as how it developed, I don’t really want to talk about it,” Darvish said. “But we won the game, so it went well.”
「どれぐらい指の状態が悪化したのかはあまり触れたくはありません」ダルビッシュは言いました。「しかし、試合に勝ったので、良かったです」

Said manager Ron Washington: “The skin came off so we just backed off him right there. All I can say is I think he’ll be fine for his next start.”
ロン・ワシントン監督は言いました:「皮膚がはがれたのでその場で彼を降板させました。私が言えるのは、彼は次の登板をすることが出来ると、私は思っているということだけです。

Either way, Darvish improved to 2-0 on the season by allowing three runs on six hits with four walks and six strikeouts over five innings.
いずれにせよ、ダルビッシュは5回を4四球、6三振を含む6安打3失点に抑え、シーズン2勝0敗と前進しました。


 

posted by HANG IN THERE YU at 03:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする